4e8479def2114d7591af7c5b107f3fd165dc9245








地球のどこかの名無しさん
ちと考えてみたんだがこの社長が番組の悪役にしては強過ぎると
言われてて確かに何度か負けはしていても或人には勝ち越してるし
計画や行動がいちいち邪悪過ぎて見るのが嫌いとまで言う人も居る。
自分は同意は出来ないんだけども皆の意見を聞きたい




地球のどこかの名無しさん
垓は悪を徹するのが得意で多くの人が彼の計画に異論を唱えたいと思う反面
彼は自分の計画の痕跡を上手く隠している。
ザイアの現状を疑うマスコミや大衆に対して彼は露骨に自分の正当性を主張している。
レイダーの攻撃はマギアの攻撃が一般人の前で行われていたのに比べて
彼の監視下では全ての攻撃が隠蔽されていた。
サウザーは度々倒されてるが能力を盗み多くの力が彼をバックアップしてるから
見くびったり見下したりすることはできない。
ただ、もし今後失脚するならば原因は本人のエゴであろう。
は普段はプレッシャーで折れたりしないし、時間をかけて
マスタープランを遂行している。エボルトのような遊び人ではないが
悪役としての能力の高さから誰もが彼に不満を抱く


それこそエボルトとサウザーの違いだよな。
エボルトは一度登場すれば常に脅威となる存在で倒されても身体を
とっかえひっかえして強くなって行くのは見てて痛快さがあった。
サウザーも同じような事をしようとしてたが計画は世界を破壊すること
じゃなく飛電の遺産を掌握する事で比べたらスケールが小さい。
でも倒されることもあるけど現状間違いなく或人の先を行ってるのは確か


ある程度の所まではすげー有能だったと思う、けどイライラさせられたのは
の傲慢さと偽善だけでじゃなくその悪行に対する或人の対応の無能さよ。
ヒューマギアは知的財産であり物理的財産でもあるからみんなに
使用を許可しているんだぞ、文字通り所有物なのにこいつは高額な装置を
暴行して破壊してる、弁護士はどこだ!


↑それは人間とヒューマギアを対等に見ようとする主人公にとっては問題だよな。
少し前に起きた滅亡迅雷.netの攻撃でヒューマギアは社会にとって脅威と
みなされてるし
はヒューマギアが既にマギアになってしまった時に攻撃する場合が多い。
世間は誰を信用しているのか?前から殺人マシンを持っていた会社と
攻撃を止めるために協力してくれた会社のどちらを信用する?
或人が取った行動は競争のためにザイアを残忍な組織と見立てるための手段に過ぎない
かもしれんが何故ザイアやエイムズが暴れまわるヒューマギアを破壊してはいけないのか
それを擁護するのはかなり難しい、アルトがヒューマギアを破壊せずに
元の状態に戻せることを誰も知らないから。
殺戮ロボットを破壊しないことを或人本人が擁護するのはデタラメな論調にしか見えない


↑まあ本来何度も
垓から攻撃されてるし法的な手段に興味示すべきだよな。
  或人だけじゃなくほぼ警官な不破まで被害食らってんだから。
  
垓の社会的信用が落ちても逮捕されないのは制作側がそういう
  脚本にしたいからとしか



そうだっけ?マギアを公然と攻撃してるのは見たけどヒューマギアは見てない。
  それと不破がの支配下にあったことを忘れてないか。
  不破も昔はエイムズの配下だったから基本的にはの配下なんだよ。
  問題は或人がを訴えたいと思うかどうかのタイミングだ。
  例えばコンペ中にザイアのCEOがヒューマギアの暴走発生に或人が関与していると
  主張したニュースを
飛電のCEOが聞いたときのことを想像してみろよ。
  秀逸な製品が平和を脅かしていたのにそれを別の製品に力を入れている
  ザイアのせいにしてる。
  もっというと同じ会社に元警官が入社してザイアのCEOを
  非難しているのを想像してみろ。
  そして現状飛電の評判や状況はどうだ?
  ザイアは政府に協力して飛電の殺人マシンを取り押さえることに成功した。
  飛電はマシンが人を襲わなくなると約束したがその約束は同じ回で破られてしまった



垓が部下に指示してその部下がベルトを持ってライバル製品に向かう。
  ライバル会社の社長がカメラに向かって抗議してるさなか
  ベルトを製品に取り付け何かを起動させる。
  すると
垓がカメラに向かって暴走する欠陥品だと主張する……
  これってビル・ゲイツがiPhoneの発表中ステージに上がって
  持ってるボタン押したらiPhoneが爆発して「是非参考にして下さい」
  って言う様なモンだろ? あ ほ く さ


混乱している間に唯阿がどうやったか注目してみろ。
  視聴を続けるとカメラは唯阿がベルトを装着した後の
  シークエンスの間と或斗だけを映してる。
  その角度から見ると公の場では唯阿の背中だけが映ってそれ以上は何も映らないし
  対象ヒューマギアは有斗との体に覆われていることになる。
  それに気づくのは消防士と或人だけであって記者達は後ろ姿しか見られない。
 
消防士は明らかに火事に集中しているので社長同士の
  無意味な対立に気を取られてしまう。
  結論:録画したカメラを通してベルトを探そうとすると実際にはよく見えない


↑ベルトはクッソ目立つし目がカメラになるイズが
ベルト取り付ける様子は見てたし
  
垓はマギアになる直前までプレゼンまでしてたろ


↑公共の目を通して誰もが一目見てベルトに気付く訳じゃないだろ。
 
 
殺人ロボットで有名な飛電が殺人ロボットの件で別のCEOを
  告発しようとしたら、世間は誰を信じる?
  ロボット危機を食い止めるために特殊部隊を作ったCEOと
  暴れ回るロボットを所有していて状況を収めることが
  できなかったCEOのどちらを信じるか





地球のどこかの名無しさん
今まで言われて来たことはほんの一部に過ぎないよな。
垓の強硬手段は公の場で何度も行われてる。
だから垓は公然の場でレ〇プしても魔法の
様に誰からも見られないだろうよ。
何故なら
垓の脚本の都合という鎧は品質1000%だから




地球のどこかの名無しさん
ここで大事なのは現時点で飛電・垓・ヒューマギアに対する
世間の評価を考えなければならない事。
重要なのは垓が全ての事から逃げているという事じゃなく
垓が全てのことから逃げられることを知っているという事だな。
垓が文字通り自分の悪行を何度も或人達に晒すのは相手がそれに
ついて何も出来ないことを知っているから。
垓が色々なことから逃げ出すのは本当にイライラするが俺は完全に
垓なら全部逃げれると認識してる。
垓は全ての原因を作った黒幕であるにも関わらず日本最大の工業企業を持って
政府との繋がりを持つ天才だから犯罪者のレッテルを貼られながらも
なぜかあらゆる強大な組織とのコネクションを手に入れていたエボルトとは違う




地球のどこかの名無しさん
ザイアの代表は公然と複数のカメラの前で飛電からの販売途中の商品を妨害し
商品(ヒューマギア)を持ち出し所有者(或人)の意向に反して人混みの広場に
持ち込んで、この高価な電子機器を水の中に蹴り込む


↑お仕事勝負の話をすると
  代表者はザイアの直接的な人間ではなく自らの自由意志で行動してるから
  どの代表者も競争のために雇われただけで実際にはザイアの社員ではない。
  罰せられるのは垓自身ではなく、営業マンに対するもの。
  或人は代表者を訴えることが出来るがザイアはその営業マンを
  見捨てるって事でも無い、これは1stバトルの花屋にも当てはまる。
  「会社が雇ったスポーツ選手がドーピングしていた」というのが良い例で
  会社はその選手との関係を断ち切ることになるが代表者を逮捕する証拠にはならない



↑でもサウザーの直接的な妨害工作もあってしかも民衆に見られてたよな。
  それに関してお咎め無しなのは結局それ脚本がザイア優位を望んだからだよな



↑問題はそれよりも或人の性格の良さから反論しなかったことの方が大きい。
  俺も垓のことは大嫌いだが或人がその営業マンを訴えたり責めたりして
  優位に立つことを決めた場合にしか通用しない。
  これはアルトの本性じゃなく脚本がヒューマギアから教訓を得て
  喧嘩で勝つために人間をクソみたいに語ることを或人に期待してるんだよね




地球のどこかの名無しさん
垓は良い悪役だと思うよ、ゲンムとかエボルトと比べたら印象薄いけど


↑だよな、一人はミームで、もう一人は宇宙人。垓はただの冷酷なビジネスマン




地球のどこかの名無しさん
同意するが白昼堂々と証拠隠滅、公共物の破壊、複数人の視界の中で
ヒューマギアにゼツメライザーを叩きつけ実際に警察官に暴行を
加えた後ではこれ以上の不信感を禁じ得ない。
実際に公道に立ちながら悪事の計画を叫んだことがあるのは間違いないだろう


↑怪しまれない様こっそりラッパーに譲渡した
垓。
  消防士には皆が他に気を取られている内に
唯阿がベルトを着けた。
  弁護士の時居合わせたのは或人と不破だけ。
  屋外では攻撃していたが公の場では攻撃していない。
  
誰もいない場所では罪を告白したが大衆の前では告白していない。
  俺達が話しているのはロボットの脅威を止めるために政府を「助けた」男のことだ。
  飛電のロボット達がまたおかしくなってきたからその始末をしてくれたのが
  サウザーだったのです。




地球のどこかの名無しさん
他の悪役みたいな存在感はない。だが一般的な悪役の話をするならば
はそのリアルさと信憑性の高さから仮面ライダーの作品の中で最も
信憑性の高い悪役だと思う。彼は世界の終わり的な脅威ではなく
時間とお金とコネを持っていて、情けなさから飛電を壊したいと思っている男。
彼が「良い」悪役ではないと言っている唯一の理由は滅亡迅雷や衛星アークや
エボルトやゲンムとかに比べて見ていて楽しくないから。
を主にしたエピソードが多く「現在の」悪役としての彼が好きになれない。
殴りたくなるような嫌な奴にさせてくれたのは恐らく良い人なこの俳優さんのせい





地球のどこかの名無しさん
自分は良い悪役じゃなくとんでもなく悪い悪役だと思ってる。
垓は偉大な檀黎斗やエボルトと並んでそれぞれが
「動機」「技術」「黒幕であること」という点で偉大な悪役だった。
天津垓は数年前から計画を練ってアークを暴走させる為の技術的な
ノウハウを持っており、目立たないまま多くのことを企てられる
資金力を持ち、人脈のあるCEOタイプの悪党で
目標を達成するのに十分な野心を持っている。
しかし前者二人には無い欠点がありそれは信じられない程ウザい
1000%のキャッチフレーズでこれのせいで馬鹿に見える。
全体的には一見すると
は良い悪役でやや "理想的な "現代の悪役に近いが
作品に良い影響を与える事より悪い影響を与えている様に思う。




地球のどこかの名無しさん
が人を道具のように扱っていることなどがミームになる。
の夢とは?市場を独占すること?俺には普通な悪役にしか見えないが。
世界破壊とまではいかないけど。
外面は優雅で内面は絶望的、何で部下を信頼できないのか。
支配するチップを仕込まないのか。「道具だから」という理由では
説明がつかないな、
俺には苦手な悪役だ




地球のどこかの名無しさん
いいキャラだと思うよ。エボルやゲンムやハートの様なトップティアではない。
でも2~3ティアぐらいかもしれない。
のいいところは冷酷でケチな
ビジネスマンであること以外にはモチベーションを余り必要としない所。
について一番好きなのはヒーロー側にとって物理的な脅威だけではないとこ。
沢山の情報操作、脅迫、欺瞞を駆使して不破と
唯阿を操り、世論をヒューマギアへの

反感を買わせ、自分に有利になるように仕組まれた競争を通じて飛電に敵対的な
買収を企てる......それはヒーローと正面から戦おうとするよりも裏の戦術に頼る
ビジネスマンとしては、まさに一線を画してる。
だからこそ最近の回では何人かのキャラが彼の力に匹敵するか上回っている
にも関わらず脅威であり続けることが出来てる。
んで皮肉だけど今負けている理由はまだ自分自身のマスタープランの
ピースをコントロール出来ると考えているから




翻訳元:https://www.reddit.com/





コメント 2020-05-27 040527
スレッドに貼られていたアンケート結果はこのようになっていました